煙草の匂いと彼女の台詞

2015.06.20 Saturday 17:22
0



     彼女は、僕の言っていることが「よく判らない」と言う。

     その台詞は何度か彼女の口から聞いたし、今更驚いたりはしない。むしろ、判ってほしくて会話をしている訳ではない。同じ時間を共有している間に行っている戯れや愉しみだと思えば、少しは気が楽になる。

     そもそも、他人を理解するなどということはほぼ不可能に近いとは思っていて、それでも相手の話をじっくり聞き、自分の中で咀嚼をし、自分の放つ言葉の選択には慎重かつ丁寧にするよう心掛けている。伝わることもあるが、それが相手にどのように伝わっているのかはこちら側には確認出来ないという、延々に続く模索でもある。

     それでも、会話の中でお互いに何かを感じ合えることはあるし、それぞれの言い分に納得が出来ないこともあるのだ。


     は彼女と何度も寝ているし、体の相性はとてもいい。だが、恋人同士かは定かではない。お互いに愛し合っていると確認したことがない。

     そんな微妙な距離感のまま、こうしてまるでスポーツのようなセックスをするし、ただ食事をするだけの時もある。端から見たら、まさに「彼と彼女」の風景として違和感はないだろう。

     生意気で自己主張の強い佇まいであっても、それもいい具合に作用するように、いつでも満面の笑みを瞬時に全身で表現出来る、凛とした彼女がは好きだ。

     しかし、ちょうど一回り歳下の彼女とは、会話が成立しない時が多い。これは年齢によるものではなく、たぶん、それぞれの性質の違いなのだろうと感じている。考え方とか、感じ方とか、そういうのは誰でも大なり小なり違うもので、価値観というものがあるとするなら、それを物差しにして人との距離を測ることは出来ない或は避けたいと、ある頃から僕は捉えている。

     例えば『価値観が似ている』とか、『価値観の相違』とか。人との関係は、そのような曖昧なもので括ることは窮屈にも感じている。そのことで、今は彼女との関係では対等でいたいのだ。

     

     『要するに、あなたは何が言いたいの?』

     彼女の口癖のようでもある、『要するに』との言葉は今までにも何度か投げ放たれた。彼女なりのこだわりにも感じる。

     『正解のないことを要するのはとても難しい』

     と今回のは言ってみた。

     『でも、言いたいことを要してもらわないとこっちには伝わらないわ』

     『伝えたい気持ちはあるけれど、その気持ちと伝わるかどうかは別だ』

     『そうやって、いつも達観したような物言いをするのよね』

     『達観なんて、してやいないよ』

     ベッドの上でまだ二人は裸のままだ。激しく汗をかいたので、は程なくシャワーを浴びようとしていたのだが、彼女の方から話を始めたのだった。

     それに対して、自分の感じることをそのまま言葉にしたまでだ。それが彼女は気に入らなかったのか。それすら、には察することが出来ない状態で、彼女は少しだけ感情を剥き出して、

     『あなたの言っていることがよく判らない』

    と言ったのだ。


     話は他愛ないと言えば、お終いだ。よくあること。大学を出て就職をし、仕事を始めてまだ数年の彼女は、自分の仕事及び会社に対して相当な不満や不信感を募らせていた。

     具体的なことから曖昧なことまで、彼女は抱えてしまった『不満』をただ聞いて欲しかっただけなのかもしれない。

     だが、は迂闊にも、

     『仕事とは、そういうものじゃないのかな』

    などと話を断ち切るように切り返してしまったのだ。

     『自分の思い通りになることなんて、この世の中にそうはないし、むしろ「何か違う」「何か変だ」と感じることは健全だと思う』

     この言葉に彼女は異様に反応をした。

     『健全かどうかなんて、どうでもいいの。あたしは、風通しの悪い職場の環境が何も変わらないことに苛立っているの。仕事自体にはやり甲斐があるし、自分で選んだことだから、理想と現実のギャップだってあると思ってはいるのよ。でも、どんな切り口で捉えても、仕事が滞ることばかり起こるのに、誰も何も努力をしない。会社のあり方や上司に疑問を抱いてしまって、一度抱えてしまったら、その疑問はどんどん膨らんでしまうし、どうにも心地よくないのよ』

     彼女は、堰を切ったように、まるでを責めるかのような口調で言葉を放ち続けた。こうなると、手が付けられなくなる。が導火線に火をつけてしまったのだと心のどこかで認識しつつ、彼女を宥めることに努めたのだが、それが逆効果になったのだ。


     人を諭そうなどとは、浅はかな考えだと思う。

     なるべくはそうならないように気をつけているつもりなのだが、「つもり」は所詮「つもり」であり、シャワーを浴びてから寛ぎたかったのある種いい加減な気持ちが言葉の選択を間違えさせたのだ。人の気持ちを逆撫でする時には、何かしら原因がある場合が多い。理不尽なこともあるが、凡その場合、今の自分のように、彼女のことよりも、自分のことをまず最初に保守しようとする意識があったのだと自戒の念を持つ。の過ちだ。

     だが、時既に遅し、なのだ。一度放たれた言葉は「なかったこと」には出来ないし、そこに「誠意」が欠けていたのなら、どんな言葉を用意しても、繕うことも信頼を取り戻すことも難しい。

     だから、は素直に謝り、彼女を抱き寄せ、髪を撫でた。

     髪を撫でられながら、彼女は目を瞑っていたのかもしれない。深く呼吸する体の動きが肌で感じられた。

     そして、何も言わなくなった。


     その髪から、ほんのりと煙草の匂いがした。

     彼女は、が煙草嫌いなことを知っていて、の前では吸わないでいてくれる。でも、髪の毛や服、時には吐く息でその匂いを感じたりする。

     どんなに努力しても克服出来ないことがある。それがにとって煙草の匂いであり、それを吸い込んだ瞬間には、否応無しに「不快」な気分になる。

     彼女がひとしきり言いたいことを言って満足したのかは定かではない。

     だが、気持ちは落ち着いたようであり、の肩を抱き返してくれている。


     時に、ほんの些細であっても、錆みたいに落としにくい煩いがある。

     今のにとって、会話が乱れた後に掠めた煙草の匂いであり、それによって、彼女の放った「あなたの言っていることがよく判らない」との台詞が、鉛のように重たく心の底に沈んでいくことだった。

     それは、彼女のせいとかではなく、の中での澱みたいなものなのだ。





    かなり心身の状態が悪いボクは、こんなフィックションをほんの気晴らしで書いてみた。



    こんな彼女がいたらいいな、とね。行き詰まった日々に風穴を開けてみたいのだろうな。





     
    category:フィックション | by:hallysmilecomments(0) | - | -

    彼女の、唇の下の小さなほくろ

    2013.04.06 Saturday 12:34
    0



       僕は、静けさの中で、穏やかな寝息をたてている泰子が寝返りを打つのを感じて、ぼんやりと視線を向けた。こちら側に姿勢を変えた彼女の寝顔は、その素顔に近い淡い化粧のせいで、まるで少女のようにあどけなく見えた。

       彼女の唇の下に小さなほくろがある。僕は指先でそのほくろから下唇を軽くなぞってみた。柔らかい唇の所々にザラっとした感触がある。少し疲れているのかな、と心の中で呟きながら、そっと指を離した。

       その瞬間に、彼女はゆっくりと瞼を開いた。そして、僕の視線を確認してから、

       『いつから起きていたの?』と聞いた。

       僕は、その質問には答えずに笑顔を見せた。

       『泰子さん。君は高校3年の時に、ぼくの斜め前に座っていたんだ。』

       『うん? そうだったかしら。』

       『そうなんだ。』

       少し間が空いて、彼女もほんのりと笑顔になった。

       『それがどうしたの?』

       『ぼくは授業中、黒板を見る振りをして、ずっと君の後ろ姿を見ていたんだ。夏になると、君は白いYシャツしか着ていないから、その下にブラジャーの紐が透けて見えるのには参った。すごく参った。』

       『あら。』

       彼女は笑顔を一層深くして、僕の顔から視線を逸らして天井を見た。

       『ぼくは今でもその情景をはっきり描けるくらいに、1日中君しか見ていなかった。そのお陰で、こんな馬鹿で間抜けな顔になった。』

       『私のせいなの?』

       『そう、君のせい。全部、君のせい。』

      と真顔で言ったけれど、堪えられずに、口元から笑ってしまった。

       僕はこんなに穏やかな気持ちで笑うのは久しぶりのような気がした。自分は笑顔になるのが苦手になってしまったように感じるくらいに、最近笑っていない。


       僕たちは昨日、二十年振りに同窓会で再会した。一目見てすぐに泰子だと判るくらいに、その印象は少しも変わっていなかった。いい印象で年齢を重ねて、四十を手前にした女性の色気を匂わせていることが嬉しかった。

       本来、僕はそのような堅苦しい催しに出るようなタイプじゃない。もうすでに縁のなくなった昔の人間に会って、今更何を話すと言うのだ。仕事の話か、子供の話になるに違いない。あるいは曖昧な記憶をお互いにたぐり寄せ合い、昔話をするのが関の山だ。

       けれど、僕は出席した。それは、もしかしたら泰子に会えるかもしれないと直感的に感じたからだ。そしてまさにその通り、彼女に会うことが出来た。間違いなく、泰子が来なかったら途中で抜け出していたくらいに、退屈な催しだった。


       僕はベッドの上で泰子を抱き寄せ、唇を重ねた。それに彼女もしなやかに応えてくる。しばらくは音のない時間が過ぎた。そして、ゆっくりと唇と離し、

       『君は今、幸せに暮らしているのか?』と聞いた。

       彼女は一旦視線を逸らしたけれど、また僕の目を真っすぐに見て、

       『いきなり、現実に引き戻さないで。』と言った。

       『ごめん。今のは取り消す。』

       僕は、泰子の小ぶりな乳房を掌で包み、心臓の鼓動が感じられるか試してみた。

       『昨日、君の胸を初めて見た。こんなに感動するなんて、自分でも驚いている。』

       『感動するような程のものじゃないですよ。』

       彼女のその言葉に僕は鼻で笑ってしまった。

       『失礼ね。』

       『違うよ。実に君らしい胸だったんで、それに感動したんだ。』

       『私らしい胸って、どう言う意味かしら。』

       『君らしく、奥ゆかしい、って感じ。出来ることなら、十八歳の頃の若々しい君の胸を見たかったけれど、今でも充分素敵だし、むしろ、今が素敵だ。』

       『それは褒め言葉なのね。』

       『そうさ。ぼくは、君の、その奥ゆかしい佇まいにいつも見とれていたんだ。今でもぜんぜん変わらないし、そこに奥行きが加わって、更に魅力的な女性になった。』

       彼女は、天井に、あるいは虚空に視線を置いたまま、ほんのりと微笑んだ。

       『ぼくが君を好きだということに、君はずっと気付かない振りをしていた。』

       『振りじゃなくて、本当に気付かなかったの。』

       『やっぱり、そうだったのか。僕の視線は痛い程に、君の背中に刺さっていたはずなのに、君はそれに気付かなかったのか。許せない人だ。』

       僕は彼女と同じクラスになった二年間、ずっと彼女に片想いをしていた。それは胸が締め付けられるような苦しみを伴って、何も手に付かなくなる程に。実際に、授業など殆ど聞いていなかった。勉強など退屈なだけで、ボクは彼女に会えるから学校に通っていたようなものだった。

       隠しても滲み出てしまうような育ちの良さから来る、涼やかで凛とした空気感が彼女の周りにはオーラのように広がっていて、それがクラスの男たちを虜にした。当然、彼女には恋人がいるという噂は耳に入るし、それに切ない想いを抱いていたりもした。


       『君に出逢ってからのぼくは、すっかり骨抜きになってしまったんだ。あの二年間で君に奪われた時間を、昨晩、思わぬ形で少しだけ返してもらった。君があんなに熱い人だったとは、嬉しい発見だった。』

        彼女は黙ったまま、僕を見ていた。

       『ともあれ、ぼくが一番好きなのは、君の唇の下の小さなほくろ。』

       そう言って、ボクは指先でそのほくろをなぞった。

       『そのほくろは、反則だ。』

      と言い終わるか否かの瞬間に、僕はまた彼女の唇に自分の唇を重ねた。


       僕がシャワーを浴びている間に彼女は黙ってホテルの部屋を出て行った。小さなテーブルの上に小さなメモが残されていて、そこには、

       『素敵な夢をありがとう。でも、もうこの夢の続きはないのよ。』

       とだけ女性らしく優しい達筆で記されていた。

       僕は、頬が緩んだ。口角が上がり、笑顔になった。洗った髪から顔に水滴が流れてくるのを放っておいたまま、僕は、青春の切なさを思い出しつつ、その小さな紙切れと整った文字に、艶かしい小さなほくろのある泰子の唇が『もうこの夢の続きはないのよ。』というのを想像して、胸の奥の方で、甘美な果実にナイフを刺されたような快感を覚えた。




      なんて、ね。普段のボクは、理屈を捏ねる。或は、能書きを垂れるのが得意だ。



      文章もやたらに長く、自分でも呆れてしまうのだ。呆れつつ、直せないでいる。



      という訳で、先週に続き、かつて書いたフィックションもどきを載せておこう。



      週末くらいは、黙っているのがいい。




      ともあれ、週末に黙ってみようと、今日も地球はまわっているのだ。



       
      category:フィックション | by:hallysmilecomments(0) | - | -

      彼女は、裸になろう、と思った

      2013.03.29 Friday 17:55
      0

         

         

         玄関から狭い廊下へと上がってすぐに、彼女はブラウスのボタンを片手で外しながら、それを脱ぎ捨てるように体から剥いだ。スカートのファスナーを下げ、それも歩きながら脱いだ。ストッキングは、張り付いてなかなか脱げない。自分は何て面倒なものを身につけているのだろうと感じる。

         下着も脱いで、床に放り投げた。そして、体にまとわり付く、今日一日分の汗の膜を洗い落としたい衝動とともに、浴室の電気を付けるや否や、まだ少し冷たい状態のままシャワーを全身に浴びた。

         疲労のような、哀しみのような、不快な汗が自分の体から流れ落ちていくのを感じながら、丹念にボディ・ソープを泡立てた。この匂いが好きだと思った。


         タオルで体中の水滴を拭いながら、彼女は廊下とリビングに脱ぎ捨てられた服や下着を眺めた。いつもは自分を締め付けている下着が床で無言のまま崩れて佇む姿に、自分の今の心情を見た。まるで抜け殻のように見えるそれは、肌に密着している時に限って、使命を全うしている。

         自分は何かに締め付けられながら生きている。それが何なのかは判らない。けれど確実にきちんと呼吸を出来ていないように感じる。気持ちよく息を深く吸い込む一歩手前で、何かが抑制をかける。

         

         彼女は裸のまま、冷蔵庫から缶ビールを出して、それを一気に流し込んだ。乾いた喉に染みるようで、痛い。そのままソファに座り込むと、再び部屋を眺めた。それなりに綺麗に整頓された空間に、脱ぎ捨てたままの服や下着が、自分が日々抱え込んでいる心の汚れを象徴している気がして、ふっと笑顔になった。別に可笑しい訳じゃない。ただ笑ってみただけだ。体の汚れは簡単に落とせるけれど、心の汚れは落ちはしない。それを受け入れようとして、せめて笑ってみたかった。


         彼女は部屋で裸で過ごすことが好きだ。そして、こうして裸でいると、ふと男の肌が恋しくなる。自分は、どれくらいセックスをしていないだろう、と考えてみた。


         村上春樹のノルウェイの森では『簡単にセックスしてもいいんだよ』と教えてくれたような気がしている。そんなに難しく考えることじゃない。『簡単にする』って、考えの甘さや軽い気持ちなどとは明らかに違って、心の深い部分から自然に生まれる感情だと彼女は思う。

         そして、以前読んだ詩人の谷川俊太郎と彼の娘との会話に結びつけてみる。

         父が娘に聞く『最近、君はセックスを楽しんでいるか?』『恋人じゃなくて、男友達と遊びの延長で、セックスすればいい』と。

         娘が答える『私も男友達と楽しいセックスがしてみたい』『私も同じようなこと考えていた。それは素敵なことかもしれない』と、父と娘の、まるで日常の出来事について会話するような、お互いを信頼し合っている言葉だった。

         具体的な細部は曖昧でも、内容はくっきりと輪郭を持っている。記憶とは、そんな感じでシャープな輪郭で印象付けられるのだと、彼女は勝手に思い込んでいる。


         愛した男たちは、自分の体を通り抜けて、何処かへ消えて行った。その度に、心の一部を削り取られた。消えていなくなったのだから、心の欠片も戻って来ない。

         潤いのなくなった自分。ぬくもりを忘れかけた自分。日々の生活に追われながらその暮らしの中で、少しずつ大切なものを失っていないだろうか。それに対して、意識が鈍くなっていないだろうか。酔いが心地よくまわり始め、ぼんやり、頭でなく心で想った。ビールが喉から胃に落ちて行く時に、シャワーで落すことの出来なかった哀しみも、胃の底に落ちて行くように感じる。

         『簡単にセックスしていいんだよ』

         誰がそれを素直に感じてくれるだろうか。

         誰がそうしたいと想ってくれるだろうか。

         誰がそこに愛を見つけてくれるだろうか。

         自分はそこに愛を見つけられるだろうか。


         彼女は時々妄想に耽る。今もすでに非現実的なその中に入っている。

         自分が男になって、女である自分を抱きしめる。自分をいう女は、男の目にどのように映るのだろうか。肌は滑らかなのだろうか。乳房は優しいのだろうか。体は熱い気持ちにさせるのだろうか。動きはしなやかに呼応するのだろうか。自分とのまぐあいにどんな愛を感じるのだろうか。

         自分を客観的に見ることとは違う。他人の、異性の目線で感じたいのだ。自分でない五感で味わいたいのだ。

         しばらくそんな妄想を楽しみながら、時間が過ぎていく。彼女だけのための夜が更けていく。ただ何もない時間じゃない。中身のある大切な時間。


         床に散らかったままの下着や服を片付けて、感傷に馴染みそうな気持ちの流れを断ち切ろうとした。自分で放り出したものは、自分の中に蓄積していく。彼女はそれを自身の体験を通して知っている。だから、怠惰に見過ごすことは避けている。


         体が冷えないうちに、彼女は裸のまま、コットン100%のシャツとショートパンツだけを身につけた。部屋で過ごす時には下着を付けない。女には、月に一度は面倒で不快なことが起こる。それを性と捉えるよりも、命を生むことの尊さと捉えたら、自分は女に生まれてよかったと感じる。それを確認するように、締め付ける下着を付けずに、柔らかな素肌で、コットンの滑らかな感触を通して、自分の中の女を探している。肉体は、心の状態を具現化して、日々変化するものだと彼女は感じる。


         壁に飾ったお気に入りの写真に視線を向けた。自分で撮った写真だ。太陽の強い陽射しを背中に受けて、地面にくっきり映った自分の影を捉えたものだ。自分の肉体そのものではないけれど、自分の存在によって生まれた影。そこに自分を見る。それは哀しみでも喜びでもない。ありのままの自分自身だと彼女は想う。


         そうして彼女の1日が終わろうとしている。昨日とは別の新しい1日。布団に入る前に、彼女は、裸になろうと想った。今日は、裸で寝るのがふさわしい。




        なんて。かつて暇つぶし及び気分転換に幾つかフィックションを書いた。


        ブログを始めたものの、書くことがないので、とりあえずそのひとつを載せてみた。




        ともあれ、ボクがブログを始めようが、今日も地球はまわっているのだ。







        category:フィックション | by:hallysmilecomments(0) | - | -

        Calender
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recent comment
        • 幻の中の、ポール・マッカートニー
          hallysmile
        • 幻の中の、ポール・マッカートニー
          HAWK2700
        • 好き、という気持ちは力になる
          hallysmile
        • 好き、という気持ちは力になる
          なお
        • うまく息が出来ない、のなら
          hallysmile
        • うまく息が出来ない、のなら
          HAWK2700
        • なぜ生きるのか、考えても意味はない
          hallysmile
        • なぜ生きるのか、考えても意味はない
          HAWK2700
        • その人は、キンクスが好きだった
          hallysmile
        • その人は、キンクスが好きだった
          kazu
        Profile
        PR
        Recommend
        Link
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM