精神状態の、具現化に触れる

2014.03.26 Wednesday 07:57
0



    ボクは、今かなりの疲労状態にある。



    会社員として、日々東京の満員電車で1時間強の通勤と共に過剰なサービス残業。



    それをしていた頃の疲労とは、異質。




    何とも表現が出来ないものであり、それを説明するのも意味がない。




    今の精神状態をボクはスキな音楽で表現したくなるのだが、無理だ。



    そんな気力もない。到底、出来ない。




    だが、約3年前に、ボクはウツ状態が酷く、自堕落な生活をしていて、



    今より体重が7キロも多く、見た目も荒んだ感じだった。



    髪もボサボサで、ただの『冴えない、見窄らしいオヤジ』だ。




    ところが、その当時の下手なピアノ演奏の動画を久しぶりに観たのだ。



    これが、見事に『精神状態』を具現化していたのである。



    ボクは、ギターもピアノも演奏する時には、いわゆる『即興』である。



    その時、その場で、天から下さった『何か』を、魂で指に乗せるだけ。




    ボクは、『ギター弾きであるボク』のファンであるので、常に満足はしない。



    受け取り方によっては『自画自賛』じゃん。と思われるだろうが、いいのだ。



    自分が理想をする『痺れる』演奏を聴きたいと思っていて、それ近づくこと。




    それこそが、『何かを表現すること』の継続をもたらすのだ。



    いわゆる『努力』とか『苦労』なんて、披露するものでない。



    (最近のそれらを披露している若い表現者は、ボクはスキではない)


    (すべては、表現そのもので示せよ、と思っているので興味もない)




    しかし、ギターはそこそこ弾けるのだが、ピアノは素人同然の技術しかない。




    にも関わらず3年経って、客観的に観て、聴いてみると、『悪くない』のだ。




    これは、精神状態の具現化が可能であった、希有な例なのだろう。




    ボクは、やれば出来るのだ。ただ、出来ない時には、さっぱり出来ないのである。




    これが、3年前の3月11日のボクだ。まさに震災が起き、ショック状態のボク。




     




    ボクは、この演奏を最後に、約半年くらい、ウツの底に堕ち、楽器演奏は出来なかった。











    category:ピアノ | by:hallysmilecomments(0) | - | -

    表現は、心の状態の具現なのか

    2013.04.07 Sunday 10:33
    0



      ボクは、表現することに興味がある。人は、存在そのものが、表現でもあると思う。



      顔の表情。身のこなし。佇まい。心遣い。清潔感。唇、瞳、指先、背中などの肉体。



      更には、発するモノ。言葉。文章。文字。絵画。写真。音楽。演技。踊り。躍動感。




      これらは、すべて『心の状態』だとボク個人は思っている。あくまで個人的に、だ。




      これ以上は、語彙に乏しいボクに、言葉での表現は出来ない。ただの理屈にもなる。





      ジャズ界において、チャーリー・パーカーとアート・ペッパー、という天才がいた。



      共にアルト・サックス奏者だ。この二人に共通するのは、演奏にムラがあることだ。



      背筋が寒くなるような名演があるかと思えば、退屈で間抜けな演奏もあったりする。




      この二人は天才故か、自分の才能を持て余し、薬とアルコールで自滅してしまった。




      同じ天才でも、ビル・エヴァンスという人は常に見事な演奏をした。心がブレない。



      ただ、好きな楽器を無心で演奏するだけだ。それでも、表現は心の状態だと思える。



      何か表現する際の『テクニック』は、『修練』の過程で表現そのものでないと思う。





      ボクは、ギターをもう40年近く弾いているので、弾けない人より、多少は弾ける。



      だが、大好きなピアノに関しては、ド素人で、勉強も練習も努力も何もしていない。



      それでも、ピアノの前に座れば、『心の状態』が指を動かすのだ。ボクなりの表現。






      ともあれ、ボクがピアノで何かを表現しようと、今日も地球はまわっている。






      ちなみに、これは一年程前の演奏だ。今ピアノはケースの中で眠っている。




      category:ピアノ | by:hallysmilecomments(0) | - | -

      Calender
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 幻の中の、ポール・マッカートニー
        hallysmile
      • 幻の中の、ポール・マッカートニー
        HAWK2700
      • 好き、という気持ちは力になる
        hallysmile
      • 好き、という気持ちは力になる
        なお
      • うまく息が出来ない、のなら
        hallysmile
      • うまく息が出来ない、のなら
        HAWK2700
      • なぜ生きるのか、考えても意味はない
        hallysmile
      • なぜ生きるのか、考えても意味はない
        HAWK2700
      • その人は、キンクスが好きだった
        hallysmile
      • その人は、キンクスが好きだった
        kazu
      Profile
      PR
      Recommend
      Link
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM