人間のモラルは 糸の切れた凧

2013.05.29 Wednesday 02:06
0


    よく言う バカは死ななきゃ治らない



    実際には バカは 死んでも治らない




    よく言う 若気の至り 若さゆえのこと



    大人になれば きちんとなるんだろうと




    それでも それは 見当違いもあったりする



    大人になっても どうにもならない人もいる





    他人のモラルは 糸の切れた凧のよう




    風に吹かれて どこかへ消えて堕ちる




    肝心なこと それを探すか 諦めるか





    堕ちたモラルは すぐに腐敗していく




    それを忘れてしまえるなら おしまい




    他人のモラルなど どうにも出来ない





    自分も 他人から見れば 他人になる




    それに気付くか 気付かないかどうか




    草の根分けて 探すこと それが必要





    モラルに これで大丈夫 なんてない




    モラルに これが正解だ なんてない




    それを決めるのは 自分じゃないのだ









    category:散文詩 | by:hallysmilecomments(0) | - | -

    鏡を観てごらんよ 空より先に

    2013.04.19 Friday 03:23
    0



      キミは 空を見上げるかい

      その空に 何かを観るかい


      唇を結んだまま 影を踏む

      右肩と左肩が 段違いだよ


      鏡を観てごらんよ 空より先に



      キミは 風の音を聴くかい

      その音に 何かを知るかい


      耳を塞いでも いないのに

      何も聴こえて いないよね


      風に吹かれてみなよ 音より先に



      キミは 心に叫びがあるかい

      心の襞に 隠していないかい


      眼差しは どこへも向けずに

      背中で 何かが語れるのかい


      心を起こしてみなよ 眠らないで



      キミはボクで ボクはキミ

      ボクはいつも キミのそば


      ずっと前から そうなんだ

      キミは誰にもなれないボク


      何も観ずに 何も聴かずに

      言葉は どこへも行けない



      今生きている って言えるかい


      ボクからキミへの質問じゃない



      鏡を観てごらんよ キミは誰だ


      そこに映った 空からの質問さ




      空を観てごらんよ 鏡より先に



      顔を上げて 空に向けてみなよ



      心を裸にして 風に吹かれなよ




      混沌と 矛盾が 砕け散るかい





       
      category:散文詩 | by:hallysmilecomments(0) | - | -

      どちらでもない、こころの存在

      2013.04.09 Tuesday 09:11
      0



        世の中


        いい人

        悪い人

        そのどちらでもない人


        この3種類しかいない

        ふと そんな気がする



        たとえば 車で右折待ちをするとき

        たとえば 公園のベンチに座るとき


        たとえば スーパーのレジにならぶとき

        たとえば レストランで食事をするとき


        たとえば 道を尋ねるとき

        たとえば 電車に乗るとき


        たとえば 何気ないことに

        人のこころが見えたりする

         


        恋愛が盲目にさせたり

        友情が努力をさせたり

        家族が忍耐をさせたり


        愛情が純粋でなくなる

        努力が報われなくなる

        忍耐が生活でなくなる




        自分が自分でなくなる




        人が 他人を否定するとき

        人は自分を見失ったりする



        自分を見失ったのなら

        絶望に蝕まれる

        嫉妬に縛られる


        それが 心に隙を生むことになる

        それで 憎悪を抱えることになる




        恋愛で柔軟になったり

        友情で素直になったり

        家族で笑顔になったり


        自分が自分でいられる

        愛情が純粋に生まれる

        努力が苦痛でなくなる


        人が 他人を受け入れたら

        人は自分を発見したりする



        自分を発見したのなら

        生命を見つめる

        生命を見つける


        それが 愛を自ら生むことになる

        それで 愛を与えたくなるだろう



        それをしないままでいると

        それさえ出来ない自分なら


        どちらでもない存在になる


        そんな気がする




        いい人でもなく

        悪い人でもなく


        どちらでもない人でいっぱいだ


        表情のないこころの存在が怖い



        さて 自分はいったいどちらだ





        category:散文詩 | by:hallysmilecomments(0) | - | -

        Calender
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recent comment
        • 幻の中の、ポール・マッカートニー
          hallysmile
        • 幻の中の、ポール・マッカートニー
          HAWK2700
        • 好き、という気持ちは力になる
          hallysmile
        • 好き、という気持ちは力になる
          なお
        • うまく息が出来ない、のなら
          hallysmile
        • うまく息が出来ない、のなら
          HAWK2700
        • なぜ生きるのか、考えても意味はない
          hallysmile
        • なぜ生きるのか、考えても意味はない
          HAWK2700
        • その人は、キンクスが好きだった
          hallysmile
        • その人は、キンクスが好きだった
          kazu
        Profile
        PR
        Recommend
        Link
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM