スポンサーサイト

2017.07.23 Sunday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

    愛、はどこに捨てて来たのだろう

    2014.11.26 Wednesday 09:59
    0



      いったい『愛』はどこに捨てて来たのだろう?或は、最初からなかったのか。



      そう思えるようなことを平気で出来る人のことを、よくニュースで聞くのだ。



      幼児虐待。この世に『生』を授かって、『感謝』も出来ずに感情で虐待する。




      食事を与えなかったり。自分の感情で殴る、蹴る。『命』への冒涜そのもの。



      挙げ句には、尊い命を奪っておいても、罪悪感さえ持ち合わせていないのだ。



      すべては『自分中心』で生きる人。もはや、『愛』などは介在してはいない。




      ボクは、人が好きだ。人が生きることに、自らの『生』を感じることがある。



      別にキレイ事じゃない。今現在、ボクはほぼ誰とも関わりのない生活をする。



      母以外の誰とも言葉を交わさない日々の中。たった一人の人でも愛しくなる。




      生きることの99%は苦しみで出来ている。なのに、ボクは生きるのが好き。



      それは、誰かが『笑顔でいてくれる』こと。たったそれだけでも励みになる。



      眉間に皺を寄せ、苦しみに耐える。人知れず、血反吐を吐きつつも、笑える。




      人は、あらゆる動物の中でも、『笑う』ことが出来る唯一生き物だと感じる。



      感情豊かであり、泣くことも、笑うことも、怒りや哀しみと同時に持つのだ。



      出来ることなら、少しでも、多くの人が『笑顔』でいられるように、と願う。




      ボクには子供がいないけれど、子供が大好きだ。『未』を多く、秘めている。



      この世は『知らないこと』で満ちている。それを発見するのが『生』になる。



      何かを知る度に、『知らないこと』が増える。成長は、未熟の確認に繋がる。




      それは、とても『愛しい』こと。もし、子供が育つのなら、それは親でない。



      子供の成長は、人が親にさせてもらい、一緒に成長させてもらっていること。



      子供によって親になるように、人は、人によって『生かされている』だろう。




      先日も姪っ子が子供を連れて我が家に顔を出した。日々成長するのが子供だ。



      それが『目に見えて、判り易い』ということ。大人が成長しない訳じゃない。



      我が子でなくても、それを『愛しく』感じ、その『笑顔』に生気を頂戴する。




      人を育むのは、社会であり、環境であり、人であるのだが、実際は、自分だ。



      自分が『どう感じ』『どう咀嚼し』、自分の中に『どう取り込む』に思える。



      事象、そのものではなく、それにより、自分がどのように試されているかだ。




      セックスをすれば、『命』が生まれる。これより深いものがあるのだろうか。



      そこに、『愛』はあるのか。『自分のための愛』ではなく、『無償の愛』だ。



      これだけあげたのだから、これだけよこせ。それは決して愛じゃないだろう。




      30数年前、ボクはウツの苦しみの中、常に『死』について考えを巡らせた。



      ある日、母が寝込んでいるボクに目覚まし時計をくれたのだ。なぜかくれた。



      ボクは焦燥感に苛立ち、衝動的にそばにあった、その時計を投げつけたのだ。




      それは机の角に当たり、見事に壊れた。その瞬間、激しい自責の念を持った。



      物である時計は簡単に壊れる。だが、それをくれた母の気持ちを壊したのだ。



      形ある物はいつかは壊れる。だが、ボクは物でなく、母の『想い』を壊した。




      なんてことのない、何十年も前の小さな出来事だが、それは鮮明な心の記憶。



      意識として、物を通して初めて『人の想い』を自分の中で覚醒したのだろう。



      自分が『人間である』ことで苦しみも抱えるのなら、『生きたい』と思った。




      人の『想い』は、形ではなく、目に見えない何か。余計に、見失い易いもの。




      だから、ボクは今、この瞬間にも『心の目』を閉ざさないよう自己対峙する。




      怠惰に、都合良く、物事を解釈してしまうのが、自分という人間なのだから。









       
      category: | by:hallysmilecomments(0) | - | -

      スポンサーサイト

      2017.07.23 Sunday 09:59
      0
        category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
        Comment








           

        Calender
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recent comment
        • 幻の中の、ポール・マッカートニー
          hallysmile
        • 幻の中の、ポール・マッカートニー
          HAWK2700
        • 好き、という気持ちは力になる
          hallysmile
        • 好き、という気持ちは力になる
          なお
        • うまく息が出来ない、のなら
          hallysmile
        • うまく息が出来ない、のなら
          HAWK2700
        • なぜ生きるのか、考えても意味はない
          hallysmile
        • なぜ生きるのか、考えても意味はない
          HAWK2700
        • その人は、キンクスが好きだった
          hallysmile
        • その人は、キンクスが好きだった
          kazu
        Profile
        PR
        Recommend
        Link
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM