スポンサーサイト

2017.07.23 Sunday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

    その人は、キンクスが好きだった

    2014.11.29 Saturday 17:37
    0



      その人はキンクスが好きだった。『自分の青春』とも言っていた。



      ラジオからキンクスの唄が流れてきて、ボクは不意をつかれて胸がキュっとした。




      その人は、ボクとほぼ同年代の男性で、どこの誰かは知らない。



      5、6年前に、ブログで幾度も言葉を交わした『Our Song』という人だ。



      だが、恐らくその人は、もうこの世にいない、と感じている。




      ある頃から自殺を仄めかし始め、実際に自殺未遂をしたと話した後。



      翌日にも『死ぬこと』の意思表示をしたまま、ブログは更新がなくなった。



      程なく、ブログは閉鎖され、奥さんらしき人からボクに批判の言葉が寄せられた。




      批判、と『言葉』にするのは、とても怖いことだ。



      それが、批判だったのかは、定かではないが、明らか何か責めているようだった。



      SNSの実態を見た気がした。気がしただけで、何かの判断を下すことは避ける。




      その頃からボクは未知なるSNSの世界が、人の生活に浸透するのを恐れている。



      昨今の若い人は、パソコンすら必要でなくなったそうだ。



      すべては、スマートファンだけで済むから、それで何でも出来るらしい。




      個人的に『そういう』類いとは距離を置いているし、スマートファンは持たない。



      常に『便利』を手にしていたいのか。『行間を読む』ことはなくなるのか。



      ボクが考えることじゃない。




      その時、ボクはありったけの言葉を『文字』にして、『書き込み』をした。



      だが、その人を救うことは出来なかった。救うなんてことも烏滸がましい。



      何も出来ないのだ。無力な自分を確認しただけだ。




      世間では『繋がっている』とか言うけれど、『何』が『どう』繋がっているのか。



      通信、及びメール等に記されているのは、『文字』という『記号』でもある。



      そこに、『心』や『想い』が、どれくらい、どのように込められているのか。




      それをボクが語る必要はない。語る気もしない。




      でも、どこの誰だか未だ知らない『Our Song』さんのことは時々思い出す。



      ただ、いきなりキンクスの唄はないよ、な。



      自分でも驚くくらいに、胸に痛みを感じた。




      感傷ではなく、『何だか判らないもの』だ。









       
      category: | by:hallysmilecomments(2) | - | -

      スポンサーサイト

      2017.07.23 Sunday 17:37
      0
        category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
        Comment
        ハルさん、忘れたかしらkazuです。
        ずっと更新されなかったからとても気になっていました。お久しぶりです。
        今日の記事のOur Songさん私13年前位に5年程交流していました。

        抑うつ神経症の方ですよね?
        ある日突然にブログを削除されたのです。

        子供さんもいらしたのですがお仕事に就いても長く勤めることができず奥様がずっと働いていらっいました。
        Our Songさん、とても私は好きでした。
        亡くなられたのでしょうか?奥様から批判の言葉がきたのですね。
        とても、大切にされていたように思います。
        ハルさんから、Our Songさんの情報を知るとは思いませんでした。
        自死されたのですね。よく、死にたいと口にされていたように思います。
        • kazu
        • 2014/11/30 6:50 PM
        kazuさん、ありがとう。
        覚えています。お久しぶりです。
        ここ半年くらい、心身共に調子を崩していまして・・・
        しばらく、ネットやブログから遠ざかっていました。

        不思議なことがあるのですね。
        ボクはOur Songさんとは恐らく5年か6年くらい前が最期だったと思います。数年間は交流があったでしょうか。
        抑うつ神経症の方です。仕事や人間関係のことではかなり悩んでいらっしゃいました。家族がいるので、仕事をしなければいけないけれど、それが苦しい、と。いつも『死にたい』と仰っていました。
        それで、ブログの更新が突然なくなったのですが、その直前には、実際に練炭自殺をしたけれど、失敗したと言っていましたし、『次は失敗しない』とのようなことが書かれてあり、それっきりだったと記憶しています。更新がないまま、いつしかブログは閉鎖されていました。
        彼のことに関しては、時が止まったまま、まだ何も言えないです。
        • hallysmile
        • 2014/11/30 8:24 PM








           

        Calender
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recent comment
        • 幻の中の、ポール・マッカートニー
          hallysmile
        • 幻の中の、ポール・マッカートニー
          HAWK2700
        • 好き、という気持ちは力になる
          hallysmile
        • 好き、という気持ちは力になる
          なお
        • うまく息が出来ない、のなら
          hallysmile
        • うまく息が出来ない、のなら
          HAWK2700
        • なぜ生きるのか、考えても意味はない
          hallysmile
        • なぜ生きるのか、考えても意味はない
          HAWK2700
        • その人は、キンクスが好きだった
          hallysmile
        • その人は、キンクスが好きだった
          kazu
        Profile
        PR
        Recommend
        Link
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM