考えないように、と考えてしまう

2014.12.02 Tuesday 07:43
0



    もう『考える』ことに疲れてしまった。いつでも、『考える』ことをしている。



    先日、抜歯をした。もう、自前の歯では7本目だ。ブリッジや入れ歯ばかりだ。



    その歯を抜くまで、ひと月、痛みに耐えていた。歯茎が腫れて顎まで痛いのだ。




    でも、歯医者には行きたくない。正確には、『行けない』のを恐れていたのだ。



    歯医者に行こうと『考える』だけで、激しい下痢と嘔吐に襲われていたからだ。



    いわゆる『予期不安』だ。歯医者では、何度も吐いたりして苦しんでばかりだ。




    実際、今回の治療でも、途中で何度も吐き気に襲われて、休憩しながらだった。



    口を開けただけで、『オエ、オエ』と止まらない。その内に、涙が流れてくる。



    もう、このような苦しみは何度も味わったけれど、慣れるようなことではない。




    苦しいものは、苦しいし。『そうなるだろう』と考えないようには、出来ない。



    考えないようにしている時点で、『考えてしまっている』のだから無理なのだ。



    そんな感じで、歯の治療をするだけで、寝込むくらいに思考は止まらないのだ。




    日常においても、まともに『暮らし』は成り立たない。『苦しみ』との闘いだ。



    現在は、病院と食料の買い出し以外に、外出はしていない。ほぼ家の中にいる。



    外出、特に『電車に乗る』ことが出来ない。それを『考える』だけでもうダメ。




    考えて数秒で、激しく下痢を繰り返し、その内、吐き気、嘔吐に至るのである。



    しばらく電車に乗っていないので、今日は、電車に乗ることを決めていたのだ。



    だが、昨晩から『思考=不安』が止まらずに、眠れず、夜中から吐き気が続く。




    一度嘔吐くと、もう『オエ、オエ』を繰り返し、涙を流し、喉が詰まってくる。



    これを我慢していると、胃液が喉まで戻ってくる。もう、諦めるしかないのだ。



    そこで先程、出掛けるのをヤメにした。すると、下痢も吐き気も治まってきた。




    こんな自分を生きることはどうなんだろう。と、更なる『思考』が始まるのだ。




    これでは、社会生活など営めない。この先、どうやって生きていくのかが問題。




    もはや、『楽しみ』とは無縁だ。『苦しまない』ことは望みでなく、暮らしだ。








     
    category:試練 | by:hallysmilecomments(0) | - | -

    スポンサーサイト

    2017.05.05 Friday 07:43
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
      Comment








         

      Calender
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 幻の中の、ポール・マッカートニー
        hallysmile
      • 幻の中の、ポール・マッカートニー
        HAWK2700
      • 好き、という気持ちは力になる
        hallysmile
      • 好き、という気持ちは力になる
        なお
      • うまく息が出来ない、のなら
        hallysmile
      • うまく息が出来ない、のなら
        HAWK2700
      • なぜ生きるのか、考えても意味はない
        hallysmile
      • なぜ生きるのか、考えても意味はない
        HAWK2700
      • その人は、キンクスが好きだった
        hallysmile
      • その人は、キンクスが好きだった
        kazu
      Profile
      PR
      Recommend
      Link
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM