スポンサーサイト

2017.07.23 Sunday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

    死にたい気持ちは誰にも判らない

    2015.07.14 Tuesday 09:22
    0



      中学生がイジメを苦に自らの命を絶ったことで、色んな人が持論を展開している。



      このような問題が起こる度に『よくあること』だ。人それぞれが好き勝手を言う。



      真摯に且つ慎重に言葉を選ぶ人もいれば、乱暴に自分の考えを投げ放つ人もいる。




      先日、テレビで杉村太蔵が『病気で生きたくても生きられない人がいる』と言う。



      だから、『自ら命を絶つなんてよくない』と、さも知ったような口を聞いていた。



      ボクは『そういう比較』は好きではない。そもそも、論点が違う話になってくる。




      人は比較するものじゃないし、比較出来るものでもない。すべての人が違うのだ。




      都心に通勤していると、『当たり前のように』人身事故で電車が停まったりする。



      人身事故=飛び込み自殺だろう。自分の乗った電車がそれに遭遇したこともある。



      停車した電車内で長い間待たされ、動き出した脇にブルーシートが掛けられた人。




      まさに『他人事』として、もう『誰も気にしない』こととなっているのも事実だ。



      だが、そこには『自ら命を絶った人』がいて、人知れずに『苦しみ』が存在した。



      確かに『他人に影響の出ること』はいいとは言えない。多くの人に関わることだ。




      でも、その人が『どれだけ苦しく』『どれだけ切羽詰まっていたか』は知らない。



      ボクもかつて二十歳過ぎに『希死願望』と闘っていた頃があったが過去のことだ。



      それを克服してから数十年、ボクは『死にたい気持ち』が判らなかったのである。




      ウツや不安障害を抱えていても、『死にたい』と思わない自分になっていたのだ。



      だから、同じようにウツを抱えて『死にたい』と言う人の気持ちは判らなかった。



      同じ病気でも、人によって『まったく違う』ものであり、一般論で語れないもの。




      だが、ここ数ヶ月、ボクは相当参っていて不意に『死にたい』と思ったりもする。



      その瞬間は、『もうどうしようもない』ことに後で気付く。乗り越えられたらだ。



      何も『希望がなく、生きていくことを考えられない』程、追い詰められてしまう。




      本当に死にたくなったら、人にそれを気付かれないようになる。内に秘めるのだ。



      一人で抱え込み、八方塞がりになり、『命がどうとか、思考さえない』のである。



      そこで『命は大切に』なんて、油に火を注ぐような行為でもある場合だってある。




      自殺の名所では、『自殺を思いとどまらせる』ことをやっている人がいると言う。



      テレビ画面では、『思いとどまった人』が泣いている顔にボカシを入れ映すのだ。



      どうやって『思いとどまらせる』のか。ボクには、それも判らない。知り得ない。




      そのように『踏み留まる』ことも怖くて、瞬時に死ねる方法を選ぶのかとの想定。



      或は、『魔が差したように、フラっと』吸い込まれてしまう場合もあったりする。



      ボクも、電車を待っているホームに立ち、その『衝動』に駆られることもあった。




      それでも、ボクは『まだ生きている』=『死なないでいる』のだ。紙一重のこと。



      つい、数時間前にも、ボクは『これ以上、苦しいまま生きるのは辛い』と思った。



      そこを乗り越えての『今』だ。だからと言って、『苦しみはなくならない』のだ。




      こんな風にSOSを出しているのか『曖昧』なこともある。これはSOSでない。




      死にたい気持ちに苛まれている人がどこかにいることを忘れないようとの確認か。




      いずれにしても、人の気持ちを『判る』なんて、ボクには口が裂けても言えない。






       
      category:模索 | by:hallysmilecomments(0) | - | -

      スポンサーサイト

      2017.07.23 Sunday 09:22
      0
        category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
        Comment








           

        Calender
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recent comment
        • 幻の中の、ポール・マッカートニー
          hallysmile
        • 幻の中の、ポール・マッカートニー
          HAWK2700
        • 好き、という気持ちは力になる
          hallysmile
        • 好き、という気持ちは力になる
          なお
        • うまく息が出来ない、のなら
          hallysmile
        • うまく息が出来ない、のなら
          HAWK2700
        • なぜ生きるのか、考えても意味はない
          hallysmile
        • なぜ生きるのか、考えても意味はない
          HAWK2700
        • その人は、キンクスが好きだった
          hallysmile
        • その人は、キンクスが好きだった
          kazu
        Profile
        PR
        Recommend
        Link
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM