なぜ生きるのか、考えても意味はない

2015.10.13 Tuesday 04:36
0



    『もう、勘弁してくれ』

    『苦しい〜よ〜』

    『いい加減に、ヤメてくれ』

    『あ〜う〜〜』


    この数ヶ月、毎晩、苦しくて、眠れずに、

    身を横たえ、悶え苦しみながら、

    こんなようなことを何度も、声にならない声にして言っている。


    僅かな睡眠には、もれなく『凄まじい悪夢』がセットでついてくる。

    こちらが『もういい』と言っても、更なる豪華な悪夢が用意される。


    まともは睡眠も休息も、どんなものか。忘れた。


    気が狂いそうな耳鳴りが一瞬足りとも鳴り止まず、

    それに慣れようにも慣れることなど出来ず、

    ここ数ヶ月は、原因不明の体調不良でほぼ寝たきり状態だ。


    いくつも、何度も、病院で検査を繰り返す。

    病院はいつでも混んでいる。

    病人は、いつも、待たされ、そして事務的な手続きを繰り返す。

    高額な検査費だけが、泡のように消えていくだけ。

    そして、病はよくならないどころか、悪くなる一方だ。


    今月だけで、自分と母の通院が10回。食費よりも痛い医療費。


    こんな暮らしでも、続けないと生きていけないのが現実なのだ。



    死ぬことは怖くはない。


    生きるとは、いつかは死ぬことだ。



    毎晩、苦しみに耐え、発狂しそうなのを回避するために、

    声にして誰に向かってもいない言葉を放ち続ける。


    それでも、生きるための、食事の用意はしている。

    そのためには、定期的に食料を買いに行っている。

    そして、貯金通帳を開く日々。

    最低限の家事を日課のようにするのが日常になる。

    同じことの繰り返し。ただ、日々を消化している。


    先のことなど考えても、ほんの数センチ先さえ、もう見えない。


    誰とも会わずに、誰とも話さずに、何も楽しみなどなく、

    『いったい、何のために生きてるのだろう』との疑問を持ち続けていても、

    黙って生きているのだ。


    ただ、苦しみが続くだけなのに、


    まだ、しぶとく生きているのだ。


    だが、それに、それをひたすら続けることに疲れ果ててしまった。


    疲弊とか、憔悴とか、言葉にすれば、嘘っぽい。



    出来れば、生きていることをヤメたい。


    これは、死にたいのとは違う。


    本心は、生きたいのだ。だから、まだ生きている。


    でも、それはもう、すでに自分からは離れた、自分からの願望ではなくなっている。


    本心は、もう疲れ果てて、苦しくて苦しくて、いっそ死ねたらどんなに楽かと思う。


    必至に、冷静になり、思考を整理しようとしても、体も心もそれをさせてくれない。


    或は、自分が『生』に対して、針の穴よりも小さな光も見つけられなくなったのだ。



    ネットなど、誰とも何とも繋がってはいない。


    それを知りつつ、それから決別したのに、

    こうしてまた凝りもせずに、言葉を燃えるゴミのように出している。


    もはや、矛盾は矛盾のまま、答えに向かうことはない。


    そもそも、人間は矛盾を排除など出来ない生き物だのだと思う。



    だから、敢えて自分の中の矛盾と向き合うために言葉を文章にしてみたけれど、


    それが何だったのか。判らない。もう、判らなくていい。


    判らないまま、また同じようなことをしているのだから。


    最期の悪足掻きをしても、誰かに迷惑を掛ける確率は低いだろう。



    生きることは、常に何かの発見であり、喜びであっても、苦しみであっても、


    それを発見して、向き合うことは、同じなのだ。



    だから、もう本当に終わりにしよう。


    発見の旅は、途中で途絶えてしまう。


    その終いが、早いか遅いか違うだけ。



    人はなぜ生きるのか、なんて考えても意味はない。



    ただ、生きている間は、生きるしかないのだ。



    それを続けるか、ヤメるかを、一瞬の判断に委ねてはいけない。



    愛がどうとか、繋がりがどうとか、キレイ事は生に繋がらない。



    充分に頑張って生きている人に向かって『頑張れ』なんて陳腐。



    これ以上、どう頑張れというのだ。所詮は他人事なので言える。



    テレビからもネットからも逃げられない。言葉が襲い続けてくる。



    人による、人に向けた、言葉という狂気、凶器に追い回される。



    そこから脱却しても、もうそろそろいいだろう。



    すなわち、今の世での生を否定することだけだ。






     
    category: | by:hallysmilecomments(2) | - | -

    スポンサーサイト

    2017.04.10 Monday 04:36
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
      Comment
      おっ.生きているじゃないか.
      更新があって嬉しいよ.
      毎日見に来ているんです.
      • HAWK2700
      • 2015/10/13 8:18 PM
      HAWK2700サン、ありがとう。
      生きているよ。しぶとく、ね。
      もう更新するつもりはなかったんだけど、都合良くここをはけ口にしてみました。
      毎日見に来て下さって、感謝します。
      何だか、感慨深いですね〜
      ブログで知り合ってから何年経つでしょうか。
      随分と長い年月が経ったようですが、生活では色々とあって、
      十年前がまるで昨日のことのように感じ、
      いいように無責任にネットを利用するのも悪くないかな、なんてある意味、思考を停止みたくもたりました。

      そうそう、ソフトバンク・ホークス。ぶっちぎり優勝おめでとう。
      巨人はね〜つまらない球団になってしまって、野球は見る気がしなくなって残念ですわ。
      缶ビール片手にボーっとテレビで野球を見るなんて日が来るといいな、と遠い目で思っております。
      • hallysmile
      • 2015/10/15 12:36 PM








         

      Calender
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 幻の中の、ポール・マッカートニー
        hallysmile
      • 幻の中の、ポール・マッカートニー
        HAWK2700
      • 好き、という気持ちは力になる
        hallysmile
      • 好き、という気持ちは力になる
        なお
      • うまく息が出来ない、のなら
        hallysmile
      • うまく息が出来ない、のなら
        HAWK2700
      • なぜ生きるのか、考えても意味はない
        hallysmile
      • なぜ生きるのか、考えても意味はない
        HAWK2700
      • その人は、キンクスが好きだった
        hallysmile
      • その人は、キンクスが好きだった
        kazu
      Profile
      PR
      Recommend
      Link
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM