33歳の深田恭子さんに笑顔をもらう

2016.03.03 Thursday 05:55
0



    日々、無味乾燥した暮らしの中で、母なる自然の導きにより『潤い』を求める。



    今それに見事に応えてくれているのが、33歳、女優『深田恭子』さんである。



    余りにも可愛過ぎて、頬が緩みっぱなしなのが、間抜けな顔をしたボクなのだ。




    現在放送している彼女が主演するドラマを録画して、時間のある時に観ている。



    戯けたニュースばかりの世知辛い世の中で、こんな『緩い』時間はそうはない。



    ただでさえ、『自分の時間など、ほぼないに等しい』ので、有効活用している。




    15歳のデビュー当時に『美少女』だなぁと思ったていたら、いつしか33歳。



    女性に限らず、20代をどう過ごし、どう30代を迎えるかが大切だと感じる。



    大人と呼ばれる年齢になり、精神的に子供のままの『流れ』に任せていないか。




    30を過ぎ、サーフィンに打ち込む姿や引き締まった肉体を惜しまず披露する。



    立て続けに発売した、肌を露出した、いわゆる『セクシー』な写真集が好評だ。



    とても『いい年齢の重ね方をした』と感じる。大人の女性であり、且つ可愛い。




    この手のドラマの演技では、技巧の問題は関係ない。その人そのものの魅力だ。



    ドジで恋の出来ないダメな女をコミカルに演じて、その可愛さが際立っている。



    勝手に『強さを備えた美しさと繊細さ』と愛しく想って、笑顔をもらっている。




    ボクは男であるから、女性が好きなのだ。好き過ぎて尊敬の念すら持っている。



    ボクの中で、『綾瀬はるか』さんは、何度、危機を救ってくれたか、知れない。



    今のボクの心の潤いは、『素敵な女性たち』を愛しく感じることで出来ている。




    まだ、社会の中で生きている頃には、いつでも誰かに恋をしていた。愛しい人。



    別に恋が成就するだけが、目的じゃない。『人を想う』ことで心も育てられる。



    女性の可愛らしさは、容姿ではなく、その容姿に滲み出る心の状態だと思える。




    ちなみに、母は80を過ぎ、一度死の縁を彷徨い、現在は『要介護』の状態だ。



    少し前まで、寝たきりの『覇気のない』無表情な顔をしていた。していたのだ。



    だが、ささやかながらボクも手助けをさせてもらって、今は笑顔を取り戻した。




    昨年のある日、母のベッドの下に雑に切り抜いた『綾野剛』の写真が出て来た。



    何やら、母は『綾野剛』をはじめ、若くてクールな男が好みのようなのである。



    現在は、『ディーン・フジオカ』にご執心で、ボクと同じ、ドラマを観ている。




    体調のいい時には、枕元のチャイムでボクを呼び、ヴィデオの再生を頼むのだ。



    ボクより3話分も先を観てしまっている。こんな勢いは予想もしていなかった。



    母も女であり、別に若くて輝く男に元気をもらえるのは素晴らしいことなのだ。




    そんな具合で、凡庸ながら、ドラマ『ダメな私に恋してください』を観ている。




    男であるボクはフカキョンに、女である母はディーンに、束の間笑顔をもらう。




    他愛なく緩い、瞬間があるからこそ、どんなに苦しくても生きることは続ける。






    物事、深く追求すれば、時に『シンプル』な発想が生まれることも確実にある。






    男はギャップに弱い。と言うけれど、それより、魅力の振り幅の大きさだろう。




     




    category:女性 | by:hallysmilecomments(0) | - | -

    スポンサーサイト

    2017.06.29 Thursday 05:55
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
      Comment








         

      Calender
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 幻の中の、ポール・マッカートニー
        hallysmile
      • 幻の中の、ポール・マッカートニー
        HAWK2700
      • 好き、という気持ちは力になる
        hallysmile
      • 好き、という気持ちは力になる
        なお
      • うまく息が出来ない、のなら
        hallysmile
      • うまく息が出来ない、のなら
        HAWK2700
      • なぜ生きるのか、考えても意味はない
        hallysmile
      • なぜ生きるのか、考えても意味はない
        HAWK2700
      • その人は、キンクスが好きだった
        hallysmile
      • その人は、キンクスが好きだった
        kazu
      Profile
      PR
      Recommend
      Link
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM