スポンサーサイト

2017.07.23 Sunday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

    ゲスな人たちが、なぜ好かれるのか

    2016.06.07 Tuesday 19:39
    0

      最近、世間では『不倫』が流行っているようだ。モラルを捨てた人たち。

      単純に『人としてはどうなのか』とボクは思う。いわゆる『倫理的』に。

      しかも、最近の若者に人気のあるミュージシャンが多かったりするのだ。
       

      ボクは個人的に彼らのことが好きではないので、ろくでなし、だと思う。

      とても『ミュージシャン』とは認識していない。余りに幼稚な言い分だ。

      かつて『不倫は文化だ』と宣っていた男もいたが、何が文化だったのか。
       

      ただ、ボクの中の謎は、『ゲスな人がなぜ人気あるのか』が不可解な事。

      ボクの身近な人でも、幾人か『不倫』をしていたがなぜか女が寄り付く。

      しかも、『不倫』をする人は『繰り返す』のだ。過ちの認識はないのか。
       

      ごく近い友人だった人は、『仮面夫婦』のまま、『不倫』を繰り返した。

      乱暴に言えば『自分の話しかしない』『視野が狭い』『自己中』の人だ。

      約束事にルーズで、すべて『許される』と思っている。しかも謝らない。
       

      彼個人の問題だったのか。ボクは振り回されっぱなしで嫌な想いをした。

      それでいて、不倫相手の話をし出すと、止まらない。自慢も満載なのだ。

      不倫をする人にこのようなことが共通するかは判らないが、人でなしだ。
       

      人の『人格』を否定するのは避けたいのだが、疑問はどうにも拭えない。

      件の『ゲスを極めた男』も、メディアに出る『意識、責任』が薄過ぎる。

      複数の女性を傷つけておいて、少しも『自覚がない』間抜けな顔を曝す。
       

      話題ホヤホヤの『ファンキー何タラ』に関しては、もう語るに及ばない。

      ガキみたいな歌を『下手過ぎる』具合に『応援歌』などと宣える図太さ。

      個人的には、見ただけで、聞いただけで、『不快』にしか感じていない。
       

      案の定、結婚しつつ、妻が妊娠中に他人の妻を妊娠させるゲスさは凄い。

      いったい『何を、誰を、応援していたのか』何の説得力も信憑性もない。

      誰がどんなゲスなことをしようとも、ボクの暮らしに関係も影響もない。
       

      だがこの手の話題がニュース番組にまで及ぶと、心がカスカスに枯れる。

      元々、テレビなど見ないのだが、挙ってココ掘れわんわん。ウンザリだ。

      誰が何をしようと、その『人』に興味がない者にとってはどうでもいい。
       

      喧嘩両成敗。とはいかないのが『家庭を持つ大人』の責任にも感じるが。

      どんな仕事を生業にしていても、『家庭人』としてはちゃんとしようよ。

      そもそも『ファンキー』と名乗ること。『ファンク』な人たちに失礼だ。
       

      とても『プロ』とは呼べない人がプロとしてお仕事をされる、その温さ。

      それを受け入れる『受け手の温さ』で、馴れ合いにも鈍感になる業界だ。

      奥さんを寝取り寝取られ、『なーなー』が罷り通る人間関係は何だろう。
       

      何より『生まれ来る子供』は、生まれる前から精神的虐待を受けている。

      お互い結婚している身で、避妊もせずセックスをすることが最大の過ち。

      誠意が泣いている。あらゆる背負うものの放棄も同然だと認識してない。
       

      簡単に『一生掛けて償う』なんて言えることに、呆れてこちらも不愉快。

      関係ない、野球の始球式のマウンドで謝罪したことも、勘違い甚だしい。

      野球ファンは、そんなもの聞きたくもない。他人の楽しみに水を射すな。
       

      関連ない舛添も同じ括り、人目に映る場での謝罪はもうお腹いっぱいだ。

      どれも綿密な『シナリオ』で、『嘘も真』に仕立てられるように見える。

      ただ、『なぜ、そのようなゲスな男が女性に好かれるのか』が謎である。
       

      いつも思うが、バレなきゃ、世間を欺き通そうとしているんじゃないか。

      謝るくらいなら、もっと早くに自己申告する方が誠意あるんじゃないか。

      生まれ来るお子さん。こんな大人達の許に生まれる運命を越えてほしい。
       

      追記…。

      いい年齢になって、親でもある人間が『命』を祖末に扱った行為をした。

      それをファンとやらが『頑張れ』って、何だ、それ。何を頑張れ、だよ。

      それ聞いて、涙流している加藤も加藤だよ。泣いている場合かよと思う。
       

      加藤はいっそ『モンキー加藤』にすればいい。『キャロル』にも失礼だ。



       

      category:雑感 | by:hallysmilecomments(0) | - | -

      スポンサーサイト

      2017.07.23 Sunday 19:39
      0
        category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
        Comment








           

        Calender
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recent comment
        • 幻の中の、ポール・マッカートニー
          hallysmile
        • 幻の中の、ポール・マッカートニー
          HAWK2700
        • 好き、という気持ちは力になる
          hallysmile
        • 好き、という気持ちは力になる
          なお
        • うまく息が出来ない、のなら
          hallysmile
        • うまく息が出来ない、のなら
          HAWK2700
        • なぜ生きるのか、考えても意味はない
          hallysmile
        • なぜ生きるのか、考えても意味はない
          HAWK2700
        • その人は、キンクスが好きだった
          hallysmile
        • その人は、キンクスが好きだった
          kazu
        Profile
        PR
        Recommend
        Link
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM