愛は捧げることにより生まれる

2013.05.16 Thursday 00:55
0



    ボクは『愛』について語るつもりはない。それは、語るものじゃないと思えるのだ。



    それでも『愛』を自分の中で大切にしたいからこそ、敢えて言葉に置き換えてみる。



    言葉は拙い。置き換えたところでどうなる訳でもない。大切なのは、目的じゃない。




    ボクは、誰かに『愛される』ことより、誰かを『愛する』ことにすべてを捧げたい。



    誰かに『愛されたい』と望むことは、自分の問題であり、それは『甘え』に感じる。



    そもそも『たい』って願望だ。『愛されたい』も『捧げたい』も願望には違いない。




    ボク個人の貧しい経験からすれば、『愛』とは、自分で生み、育てるものだと思う。



    道端に咲く花を見て、愛しいと思う。これだけでも、心に愛は生まれると実感する。



    見過ごせば、その花の存在など気付きもしないで済むものだ。見つけるかどうかだ。




    そうして、自分の中で生むことのなかった『愛』はたくさんあると最近思えてくる。



    人は、一人では生きていけない。経済的に実質的に一人で生きても、一人ではない。



    あらゆる関わりの中で、見えないところで、人に支えられて、人と共に生きている。




    それなのに、ただ寂しいとかで『愛』を欲しがることがある。叶わないと心は荒む。



    たぶん、『愛』は欲しがるものじゃない。これは、因果応報で、欲しがれば逃げる。



    自分の心に愛を生み、育てて、人にそれを届けることで、巡り巡って、自分に還る。




    人を愛すると、心が暖かくなる。たくさん愛を育てて、捧げることでまた生まれる。



    その見返りを求めてはいけない。無償の愛と言えるのか、それが愛だと思えるのだ。



    これだけあげたのだから、これだけよこせ。そう思うことは、愛じゃない気がする。




    昨年、姪っ子に子供が生まれた。ボクは、ありったけの『愛』を彼に感じてしまう。



    ただ、ただ愛しくて、涙が出そうになる。子供の瞳は澄んでいて、とてもきれいだ。



    その瞳に邪念を見透かされないような人でいようと思う。小さな命が育つ尊さ、だ。




    何かの巡り合わせで、ボクは自分に子供はいない。妻もいない。でも愛は生まれる。



    誰の子供であっても、健やかに育つことを願う。試練も受け入れて乗り越えて、と。



    街中で擦れ違う幼い子供を見ると、ボクは笑顔になる。二度と会わないとしてもだ。




    ボクは、今まで素敵な人を愛して、その愛を深め、捧げてさせて頂いて幸せだった。



    38歳の時に出逢った女性に一方的に愛を捧げた。彼女はボクを愛していなかった。



    それでも『あなたからもらった愛は宝物です』と言ってくれた。本心でなくていい。




    その女性に『愛』を捧げていたつもりでも、本当は、『愛』を教えてもらっていた。



    傷つき易く、言葉よりボクの肉体を欲しがり、肌と肌を重ねる度により深まる何か。



    セックスの素晴らしさをお互いが捧げ合い、大切なものを多く発見したのは真実だ。





    今どこで何をしているのか知らない。幸せでいてくれると嬉しいと、この空に願う。



    ボクは、彼女の時折見せる無垢な笑顔が大好きだった。愛をもらったのはボクの方。



    出逢って4年後きっぱりさよならをした時に書いた彼女の絵に、今も笑顔をもらう。




    それは未練なんかじゃない。むしろ、その逆だ。『永遠』ってある気がするボクだ。










     
    category: | by:hallysmilecomments(0) | - | -

    スポンサーサイト

    2017.05.05 Friday 00:55
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
      Comment








         

      Calender
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 幻の中の、ポール・マッカートニー
        hallysmile
      • 幻の中の、ポール・マッカートニー
        HAWK2700
      • 好き、という気持ちは力になる
        hallysmile
      • 好き、という気持ちは力になる
        なお
      • うまく息が出来ない、のなら
        hallysmile
      • うまく息が出来ない、のなら
        HAWK2700
      • なぜ生きるのか、考えても意味はない
        hallysmile
      • なぜ生きるのか、考えても意味はない
        HAWK2700
      • その人は、キンクスが好きだった
        hallysmile
      • その人は、キンクスが好きだった
        kazu
      Profile
      PR
      Recommend
      Link
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM