差別や偏見は人からなくならない

2016.11.27 Sunday 13:33
0

     

     

    アメリカのトランプ騒動などを筆頭に、人種や宗教などの違いが人にはある。

    そこから生まれる『差別』や『偏見』は、人の心から消えることはないのか。

     

    どれだけ科学が進歩しようと、どれだけ文化が発展しようと学習は足りない。

    悲惨な戦争を繰り返しても、『紛争』も『闘争』もやめずにより過激になる。

     

    愚かしい程に、世界全体の混乱は、益々『複雑を極め』つつあるように思う。

     

     

    そこで、先日、何気なくテレビを見ていた時に、とてもやり切れなくなった。

     

     

    日本の社会で『格差』が広がっていることを当事者の若者達が討論していた。

     

    特に社会問題になっている『人材不足』が深刻な『看護士』『保育士』たち。

     

    彼女たちの心の叫びは、現代社会を象徴するものとして切実に感じるものだ。

     

     

    長時間労働や過酷な状況に関わらず、手取りの『報酬の余りの低さ』は如実。

     

    それでも、彼女たちは、自分の仕事に誇りを持っているようボクには見えた。

     

    そこで、32歳のIT企業の社長とやらが、したり顔で宣っていたのである。

     

     

    『だってさ、給料安いの判ってて、その仕事に就いた訳でしょ?』など、と。

     

     

    ボクはIT業界が『好きではない』故、客観性に欠ける色眼鏡で見てしまう。

     

    にしても、彼の醒めた眼差しと言い方に、心地の悪い『違和感』は拭えない。

     

    デジタル社会に対するアレルギーも相当なものだと、自分を再認識するのだ。

     

     

     

     

    そこで、ボクがいつも、或はずっと素朴に疑問に思っていることがある。

     

    それは、エンターテイメント、いわゆる『音楽』『映像』などの表現だ。

     

    いわゆる『商業主義』の蔓延する世界で、娯楽が欺瞞と表裏一体になる。

     

     

    レコードからCDへと変わり身の早さ。今はすっかり『データ』である。

     

    形すらなくなり、それを提示されるまま、受け入れる、変わり身の早さ。

     

    誰も文句言わないし、誰も『便利で素晴らしい』と判断する基準も不明。

     

     

    そして『差別』である。『男女差別』は、未だなくならないように思う。

     

    女性の社会進出や活躍を謳って久しいのに、何も変わっちゃいない現状。

     

    そこには、『偏見』という固定概念が根強く存在してはいないだろうか。

     

     

     

    具体的な例をあげると、音楽において、特に楽器演奏においては顕著だ。

     

    女性は、体力的に男性とは違うのは否めない。握力など歴然としている。

     

    だからと言って、女性が男性に劣ることはない。優劣じゃないと思える。

     

     

    にも拘らず、未だに『女性奏者』などと言われる。男性社会からの目線。

     

    業界は、『女性サックス奏者』『女性ドラマー』と特別な売り物にする。

     

    圧倒的に男性奏者が世に出ているのに違いないが、これはいかがなのか。

     

     

    個人的に『グルーブ感』の好みが違っても、魅力的なドラマー川口千里。

     

    彼女も『天才女子高生ドラマー』として、商売の中に取り込まれている。

     

    だが、その卓越した技術に裏打ちされた『心地よさ』に性別は関係ない。

     

     

     

    単純に、彼女の手数の多いドラミングと笑顔で楽しむ様子が気持ちいい。

     

    そこには音を楽しむ『躍動』が凝縮されていて、聴き手側も実に楽しい。

     

    楽し気な彼女は、ロックもジャズも関係なく、音楽そのものを具現する。

     

     

    でも、彼女が女性だけで組むバンド演奏は、音を聴けば、性差などない。

     

    演奏において、男性に力負けしているとは『差別』『偏見』に過ぎない。

     

    そこを敢えて逆手に取って、彼女たちは『女性』を全面に打ち出すのだ。

     

     

    こんなエンターテイメントが世に埋もれているなんて、愚かしい限りだ。


    この二つの違うバンドにおいて、いいか悪いかでなく、好きかどうかだ。


    千里さんは、純粋に音楽に身を委ねつつ、3枚目の商業アルバムを出す。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    人間の中の『差別』と『偏見』という愚かが、益々視野を狭くしているよう。

     

    昨今のクズみたいなダダッダ打ち込みの似非リズムなど、音楽とは呼べない。

     

    との『ボクの中の偏見』もなくならない。あの気持悪さは受け入れられない。

     

     

     

     

     

    category:音楽 | by:hallysmilecomments(0) | - | -

    スポンサーサイト

    2017.06.29 Thursday 13:33
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
      Comment








         

      Calender
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 幻の中の、ポール・マッカートニー
        hallysmile
      • 幻の中の、ポール・マッカートニー
        HAWK2700
      • 好き、という気持ちは力になる
        hallysmile
      • 好き、という気持ちは力になる
        なお
      • うまく息が出来ない、のなら
        hallysmile
      • うまく息が出来ない、のなら
        HAWK2700
      • なぜ生きるのか、考えても意味はない
        hallysmile
      • なぜ生きるのか、考えても意味はない
        HAWK2700
      • その人は、キンクスが好きだった
        hallysmile
      • その人は、キンクスが好きだった
        kazu
      Profile
      PR
      Recommend
      Link
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM