スポンサーサイト

2017.07.23 Sunday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

    命を繋げられなかった、ということ

    2017.01.05 Thursday 08:51
    0

       

       

      ここ数年の正月は、実に質素で、簡素で、特別なことはせずに過ごしている。

       

      かつて、父が生きていた頃には、兄弟家族を含めて、大人数で賑わっていた。

       

      だが、どこか『儀礼的』な感じはしていた。それが『楽しい』とは思えない。

       

       

      ならば、今ある状態のまま、無理せず、出来るだけ『穏やか』に過ごしたい。

       

      兄には子供が3人いて、すでに孫も2人いる。羨んでいたのは事実だと思う。

       

      姪っ子や甥っ子が小さい頃には可愛がったが、彼らが大人になれば、他人だ。

       

       

      他人という捉え方は、『排他的』な気持ちから来るものではない。多分そう。

       

      時代は変わる。昔みたいに、親族一同、繋がりがある。なんて、そうはない。

       

      年に片手でも余るくらいしか会わないと、日常ではない関係になるのである。

       

       

      家族だろうが、知人だろうが、『馴れ合い』は好きではない。もう出来ない。

       

      そこに『気持ち』がないのならば、むしろ、さっぱり繋がりがない方が潔い。

       

      用意された『愛想』なら、こちらも心からの『気持ち』がないのならば、だ。

       

       

      人が好きで、人ときちんと向き合いたいからこそ、曖昧な探りなどいらない。

       

      会った瞬間に、『笑顔』で向き合える人でなければ、無理をしたくないのだ。

       

      もう、そういう年齢になったと思う。自ら関係を断つのではない。肯定的に。

       

       

      そこで、ボク自身は、『家族』を持たなかった。或は、持てなかった。必然。

       

      常に病に苛まれる人間に、家族を持つ資質はない。必然的に今こうしている。

       

      ボクは『命』を繋げなかった。母との二人だけの正月は、ありがたいことだ。

       

       

      いずれ一人になるのだから、二人の方がいい。それに感謝せずにいられない。

       

      昨年末にボクの暮らしに加わった『カナリア』が、大晦日に卵を二つ生んだ。

       

      本人(メス親)もまだ1歳にもならないのに、毎日、ずっと卵を温めている。

       

       

      現実的な話、『無精卵』なら、ヒナは孵らない。でも、彼女は、温め続ける。

       

      ボクは日々、それに感動している。遺伝子云々で片付けられないことと思う。

       

      どんな『命』であろうと、尊いことに変わりない。命のある情景に心が動く。

       

       

      ボクは、自ら心を動かし、『キレイ事』で日常を済まさないようにしている。

       

       

       

       

       

      category: | by:hallysmilecomments(0) | - | -

      スポンサーサイト

      2017.07.23 Sunday 08:51
      0
        category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
        Comment








           

        Calender
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recent comment
        • 幻の中の、ポール・マッカートニー
          hallysmile
        • 幻の中の、ポール・マッカートニー
          HAWK2700
        • 好き、という気持ちは力になる
          hallysmile
        • 好き、という気持ちは力になる
          なお
        • うまく息が出来ない、のなら
          hallysmile
        • うまく息が出来ない、のなら
          HAWK2700
        • なぜ生きるのか、考えても意味はない
          hallysmile
        • なぜ生きるのか、考えても意味はない
          HAWK2700
        • その人は、キンクスが好きだった
          hallysmile
        • その人は、キンクスが好きだった
          kazu
        Profile
        PR
        Recommend
        Link
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM